男性と女性では、抜け毛や薄毛の原因が違います。
女性は出産後のホルモンバランスの変化、また最近ではダイエットやストレスが原因による薄毛の方が増加しています。

このサイトでは、女性特有の薄毛の原因やAGA(FAGA)治療となる医薬品やサプリメントを紹介していきます。

女性によくある薄毛の原因は?

■女性ホルモンの特徴

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには髪を育てる働きがあります。
若い方は女性ホルモンの働きが活発なため、血中のテストステロンの濃度が男性より遥かに少ないものです。また、エストロゲンがヘアサイクルを長くしますので、薄毛や抜け毛が起こったとしてもその進行は非常に緩やかです。

■女性が薄毛になる原因

ひとつは加齢による女性ホルモンの減少です。早い人では35歳前後から減少が始まりAGAが発症しやすくなります。
また、加齢以外にもストレスや過度のダイエット、生活習慣の乱れなどがあげられます。
これらの原因が重なり抜け毛が起きることが多いです。

目に見える薄毛対策にはミノキシジルが有効

■ミノキシジルとは?

日本で唯一、壮年性脱毛症への発毛効果が認められている成分です。
つまり加齢を伴う抜け毛や薄毛になることを指します。
年齢でいうと35歳以上の方であれば、その可能性が高くなります。

ミノキシジルには、脱毛の進行を予防するだけでなく、発毛の効果もあります。毛細血管を拡張させ、頭皮の血行を促すとともに、毛母細胞へ直接働きかけることで、毛周期における成長期を延長させます。

大正製薬のリアップリジェンヌがミノキシジルを使った代表的な商品です。一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

■ミノキシジルの発毛メカニズム

ミノキシジルが発毛を促進するメカニズムは、ミノキシジルに血管を拡張する作用があり、頭皮や毛根、毛髪に栄養を確実に送ることができるようになるためです。

髪の成長は毛母細胞が分裂することによって起こります。毛包部分から成分を受け取り、細胞分裂を続けることで髪の毛になるのです。毛根部は毛包、毛母細胞、そして毛乳頭などによって構成されています。

ミノキシジルは毛乳頭細胞に働きかけ、細胞増殖因子の産生を促す働きもあります。これによって、発毛が促進されるのです。

その効果や期間。また副作用は?

■ミノキシジルの効果と期間

育毛剤も効果を感じるまでには、一定期間の継続使用が必要です。ミノキシジルも例外ではなく、1ヶ月後には目に見えて大きな変化を感じることはありません。
ただし大手製薬会社の臨床データでも、継続使用による効果がはっきりと見て取れますので、着実に成果が上がっていくことが期待できます。

一般的に効果を見られ始めるのは3ヵ月後で1割。半年後に3割ぐらいのようです。
もちろん効果がなかった人いますし、発毛ではなく髪の毛の状態がよくなっただけという人もいます。

薄毛治療の失敗を繰り返す人の多くは、効果が現れるまでの時間を待ちきれず挫折してしまいます。
効果は人によっても違いますし、健康状態やヘアサイクルの時期によっても変化してきますので、健康状態を整えた上でミノキシジルの継続使用や効果の高そうな組み合わせを考えるなど、戦略的に試してみるのが良いでしょう。

■女性用ミノキシジルの含有量は2%までが目安

ミノキシジルを含んだ育毛剤はたくさん販売されています。
ただし、それらのほとんどは男性向けであり女性が使用できる商品は限られています。
男性用であれば含有量が多いものだと16%のものもあります。

高濃度の商品はそれだけ発毛の可能性が高くりますが、副作用も大きくなる可能性が高く、いわゆるハイリスクハイリターンな商品ともいえます。特に女性はその影響を受けやすく、国内製品であれば1%、海外製品で2%が標準的な女性向け商品として販売されています。

■サプリメントやシャンプーとの併用がおすすめ

育毛や薄毛の女性用医薬品は、男性用商品に比べると数が少ないです。
当たり前ですが、男性に比べると女性の症状は軽いことがほとんどです。
しかしその分、髪にフォーカスを当てた商品は多く、医薬品以外にサプリメントやシャンプーが多く販売されています。

医薬品の併用は副作用のリスクも高まりますので、天然成分などを使った商品で、発毛の土台となる健康な頭皮状態を作るよう心がけましょう。

■副作用

痒みや炎症といった症状が見まれます。もちろん個人差がありますので、必ず起こる症状ではないようです。
商品やミノキシジルの含有量・濃度によっても変わるようです。

また育毛に利く内服薬として、フィナステリドを含有したプロペシアやフィンペシアといった商品を目にすることがあるかもしれません。
フィナステリドは効果が高いようですが、男性専用の商品となり女性用のAGA治療薬ではありません。
触るだけでも作用があるようですので、ご注意ください。

副作用についてしっかり理解しておき、何か異変があればすぐに医師に指示を仰ぐ。この姿勢は最低限維持していきましょう

■ミノキシジルを使った女性用育毛剤

全て女性用か男女兼用の商品が対象となります。
確認する主なポイントはミノキシジルの含有量が1~2%であることです。

・リアップリジェンヌ
おなじみリアップシリーズの女性版。
ミノキシジル1%配合し、頭皮環境を整える3つの成分をプラス。これらの成分が相互に働きかけることにより、頭皮を健やかに保ちながら、新たな髪を生み出し、太くしっかりとした髪へ育みます。

・ロゲイン 女性用
海外のミノキシジル配合育毛剤といえばロゲイン。
こちらも女性版があり、ミノキシジル配合率は2%と国内製品より高くなっています。

・フォリックス FR02
こちらは比較的新しい海外製品で、ミノキシジル配合率は2%。商品名の数字がミノキシジルの配合率を示しているようです。
新しい商品だけあって、リポスフィアテクノロジーという浸透技術が使われています。

女性用育毛剤の総括

AGA治療は男性に対しての商品や情報がまだまだ多くを占めます。
男性が前提で情報を提供している方も少なくありません。
口コミなどの情報もしっかり精査し、信憑性が高いものだけを選んでいきましょう。

またどんな育毛剤も効果を見極めるには半年程度の時間が必要です。
お金はかかりますが、しっかしとした情報を基に、時には医師の力も借りて戦略的に育毛に取り組みましょう。

>>まつ毛を伸ばす方法は美容液?育毛剤?