単身引っ越しでの料金を安くするコツ

引っ越しは、意外と予想していない費用が掛かることがよくあります。
そのために、少しでも安くするにはスケジュールが重要です。
単身で、その引っ越し予定の日を一日と決めずに少し余裕を持たせることです。
まず、初めにすることは単身の場合なら不用品の処分からです。
処分したり、リサイクルに出すことも節約に繋がります。
これをすることで、荷物を減らすことができます。
そうして、ムダなものをなくしてから、見積もりをしてもらいます。
今は、単身での見積もりをネットで複数できます。
それで、比較検討をすることです。
しかし、料金だけでなく時間帯や体験者の口コミも参考にするべきです。
そして、交渉するときは他社の相場を考えて値引きをしてもらえるようにします。
業者の空いている日時に、スケジュールを合わせることができると半額近く安くなります。
また、業者により安くなるプランを提案してくるときもあります。
そして、単身で荷物がとても少ない時は大手の会社の単身パックがおすすめです。
これは、トラックを貸し切って荷物を運ぶのではなく、業者が指定したカーゴや業者が指定した専用BOXに入る荷物を“運ぶことです。
引越しと宅急便の間に位置する内容で、その分価格は安くなります。
そして、荷物の破損などには運送保険が付いており、万一の場合は保証がされます。
そして、一番のポイントは費用だけでなく手間を省くのか、時間短縮したいなどの自分の希望を優先することが業者を選ぶ際に大切なことです。

単身引っ越しに必要な準備期間とその間にしておきたいこと

引っ越しは段取りが命です。
単身の移動だからと甘く見ていると、あとで後悔することになりかねません。
やはり、忙しくても単に面倒だと思っても、準備期間を計算に入れてスケジュールを組むことをおすすめします。
単身は身軽で荷物も少ないので、荷造りや荷解きにはそれほど時間は必要としません。
しかし、引っ越しには各種手続きが必要となり、それはファミリーでも単身でも変わりません。
例えば、ガス、電気、水道などの光熱費関係は、退去する日と新居へ住み始める日がはっきりとしたら早めに各社へ連絡を取ると良いでしょう。
やはり、ライフラインはしっかりと確保しておくことで新居での生活が楽になります。
また、住民票などの移動やクレジットカードや免許証の住所情報などの書き換えなども忘れずに行いましょう。
いくつもあるとバタバタしていると忘れてしまうこともあるので、メモやスケジュール帳などにチェック項目を作っておくと便利です。
それから郵便局への転居届けも忘れず行いましょう。
郵便物が届かないと、ビジネス、プライベート共に各方面に迷惑をかけることになりかねません。
面倒だなあと思っても、ひとつひとつきちんとこなして行きましょう。
それから、最後に退去する時は忘れ物にお気をつけください。
特に、押入れの天袋の奥のほうにしまったものを始め、ベランダに置いてある洗濯機や物干竿、それから駐輪場の自転車やバイクなど、箱詰めできないものは忘れがちです。

引っ越しの見積りはなぜ必要なのか

引っ越しで家財の運搬を業者にお願いする前には、業者に対して見積もりを依頼することになります。それを行う理由なのですが、2つあります。
まず1点目ですが、引っ越し業者による運搬料金が何円程度になるのかを把握するためです。
業者に運搬をお願いした場合には、もちろん料金がかかることになるのです。ただ料金が何円程度になるかは、業者による訪問と家財の目視確認が必要になってくるのです。また顧客の自宅がどのような構造になっているかも、確認する必要があります。
顧客の住宅の構造次第で、料金が変わる場合があるからです。
そして顧客の自宅にて確認をした業者のスタッフは、顧客に対して何円程度で運搬できるのかを提示することになるのです。つまり運搬料金を知るために、業者に来てもらう必要があるわけです。
なお目視確認をせずに、業者のサイトで料金目安を知る事も可能ではあります。
顧客が持っている家財を引っ越し業者のWEBサイトに入力して、目安を知ることも可能ではあります。しかしより正確な金額を知るためには、やはり業者による目視確認が必要になってくる訳です。
もう1つの理由ですが、各業者の比較をするためです。例えば上記のような目視確認によって、業者Aから引っ越しの料金は4万円前後だと提示されたとします。ところが業者Bは3万円と提示し、業者Cは2万円台と提示する場合があるのです。
各業者の料金を比較するために、見積もりが必要になってくる訳です。